自動車任意保険は必要か

自動車の保険の種類は大きく強制加入が義務付けられているものと任意のものの2種類に分けることが出来ます。強制加入が義務付けられているものを自賠責保険と言い、新車購入時点及び車検ごとに強制的に加入させられます。それに対して任意保険への加入は自由です。しかし、自賠責がありながらなぜさらに任意に加入する必用があるのでしょうか。それは大きな自動車事故を起こした場合、自賠責から支払われる賠償金だけでは足りないからです。またその補償内容も自賠責は非常に限られてしまうのに対して、任意は保険会社ごとに様々な充実したプランを用意しており、ドライバーの万一にときに備えることが可能です。このような理由から2種類の自動車保険があるわけですが、問題なのは任意は費用が高額になるということです。補償内容は自由に組み合わせることが可能ですが、色々と考えているとどんどん不安になってきて、あれもこれも加入しておくべきではないかという思いに駆られてしまう人も少なくありません。また会社によってもプランや費用が異なってくるので、それぞれの特徴をよく調べ、比較検討する必用もあります。しかし、備えあれば憂いなしとも言います。予算を決め、その範囲内で選ぶことが出来る最善のものを選ぶようにすると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Menu